『虹を待つ彼女 – 著/逸木 裕』の感想。

逸木 裕さん、『虹を待つ彼女』を読ませていただきました。

二〇二〇年、人工知能と恋愛ができる人気アプリに携わる有能な研究者の工藤は、優秀さゆえに予想できてしまう自らの限界に虚しさを覚えていた。そんな折、死者を人工知能化するプロジェクトに参加する。試作品のモデルに選ばれたのは、カルト的な人気を持つ美貌のゲームクリエイター、水科晴。彼女は六年前、自作した“ゾンビを撃ち殺す”オンラインゲームとドローンを連携させて渋谷を混乱に陥れ、最後には自らを標的にして自殺を遂げていた。晴について調べるうち、彼女の人格に共鳴し、次第に惹かれていく工藤。やがて彼女に“雨”と呼ばれる恋人がいたことを突き止めるが、何者からか「調査を止めなければ殺す」という脅迫を受ける。晴の遺した未発表のゲームの中に彼女へと迫るヒントを見つけ、人工知能は完成に近づいていくが―。

逸木 裕さん初読み。第36回横溝正史ミステリ大賞受賞作です。
表紙は『君の膵臓を食べたい』の装画も担当していたloundrawさん。

小説の舞台となるのは二〇二〇年、今からちょっとだけ未来の話。

六年前のクリスマスイブ、あるオンラインゲームを使って、何も知らないプレイヤーにドローンを操作させ、
渋谷で人々を襲い、最後には自分を標的とさせるという劇場型自殺事件を起こした水科晴を中心として物語は進む。

人口知能研究者である工藤賢は、所属するベンチャー企業「モンスターブレイン」の一プロジェクトとして
水科晴のことを調べ始める。

調べていけば行くほど、選民思想的な人間の工藤が、
虚構の存在である「晴」に、序々にのめり込んでいってしまう姿はなんだか切なく感じた。
工藤の人間性に関しては是非本誌で見ていただきたい。

この作品は作者である逸木 裕さんがwebエンジニアということもあり、
人工知能や、アプリケーション、ドローン、合成音声、VRといった、
情報科学に関する描写が非常に細かく描かれていて、作者自身の技術的な知見の深さを感じた。
と言っても敷居の高いわけではなく、日常的にスマートフォンを扱っている人であれば、
問題なく話についていけるはず。

ミステリーと言いつつ、恋愛色の強い小説で、終わり方にも納得できた。
作中にあった「フリクト」のようなアプリも近い将来出てもおかしくないのかなと思う。

評判通り、自信を持って他の人に推せる作品でした。
出会えて良かった。次の作品も楽しみにしています。