さくらのレンタルサーバで無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を設定する

こんにちは。かず(@LeSTYLE_jp)です。

2017年10月17日より、さくらのレンタルサーバ/マネージドサーバにおいて、
独自ドメインを利用している人なら誰でもコントロールパネル上から無料のSSLサーバー証明書
「Let’s Encrypt」を簡単に設定できるようになりました。

前まではCSRの作成や申請、や証明書の設置といった専門知識が必要な工程が多々ありましたが、
今回は面倒なことを全てサーバー側でやってくれるので、こっちは手順に従ってぽちぽちするだけで
簡単にSSL化出来てしまいます。良い時代。

では手順を説明していきます。

さくら サーバコントロールパネルの操作

さくら サーバコントロールパネル へログインし、左側の『 ドメイン設定 』をクリック。

ドメイン一覧が表示されるので、SSL設定の対象となるドメインの『 登録 』をクリック。

SSL証明書の設定ページが開きますので、「無料SSL設定へ進む」へ進みます。

今回利用する「Let’s Encrypt」の利用規約を確認の上、「無料SSLを設定する」ボタンをクリック。

設定するボタンを押すと「発行手続き中です~」の画面になるので、さくらからのメールを待ちます。

そこから10分しないで以下のメールが届きました。
これで 設定したドメインが https でも確認できるようになります。

が、このままだと「http」と「https」両方で繋がるようになっているので、
常時SSL化のためにはhttp→httpsのリダイレクト設定やサイトコンテンツのURL変更などが必要になります。

こっちも超簡単なのでさくっとやってしまいましょう。

さくらのレンタルサーバ 常時SSL化プラグインの使い方

このプラグインを使うことで、面倒なhtaccessの編集や過去の投稿コンテンツの置換を自動的に行ってくれます。
ではプラグインのインストールから説明していきます。

WordPressの管理画面へログイン後、「プラグイン」-「新規追加」を選択し、
キーワード検索に「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」と入力。

すると以下のプラグインが出てくるので、プラグインをインストール、有効化してください。

有効化になったら「設定」-「SAKURA RS WP SSL」を選択し、プラグインの設定画面を開いてください。

① SSL設定が完了しているかどうかの確認。サーバコントロールパネルで設定をした人はチェック。

② 利用しているSSL証明書の種類を選択。今回はのSSL種別はSNIなので左側にチェック。

③ 実際にhttpsのURLで設定したサイトの管理画面、サイトにアクセス出来るかを確認。確認できたらチェック。

上記の設定が問題なく完了したら「SSL化を実行する」ボタンをクリック。

これで設定は全て完了です。
解析タグ等を使っている人はそっちの設定も忘れずにね。お疲れ様でした。

参考サイト