『虹を待つ彼女 – 著/逸木 裕』の感想。

逸木 裕さん、『虹を待つ彼女』を読ませていただきました。 二〇二〇年、人工知能と恋愛ができる人気アプリに携わる有能な研究者の工藤は、優秀さゆえに予想できてしまう自らの限界に虚しさを覚えていた。そんな折、死者を人工知能化す…